header

世界一の白鳥、その知られざる素顔とは?

ロシアで最も格調の高いバレエ団と称えられる、マリインスキー・バレエ。

チャイコフスキーの名曲にマリウス・プティパが振り付けた三大バレエ「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」を世に送り出したバレエ団としても知られている。

200年以上の歴史を誇るこのバレエ王国で、頂点に立つプリンシパル、ウリヤーナ・ロパートキナ。彼女の踊る“白鳥”は世界一と評される。なぜ、彼女は踊り始めたのか?

カメラは母校のワガノワ・バレエ・アカデミーを訪れる彼女を追いかけ、少女の頃の厳しい修業時代についての意外な告白を捉える。

マリインスキーの稽古場での過酷なリハーサル風景や、最愛の娘とのプライベートショット、貴重な舞台映像もふんだんに紹介され、客席からは見ることのできないつま先の繊細な動きと指先にこめられた想いまでを映し出す。



世界を代表するバレリーナが語る
彼女の魅力。麗しの舞台の秘密が、
世界に先駆けて遂に公開。

監督は『至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~』のマレーネ・イヨネスコ。

バレエ映画をライフワークとする彼女が、パリ・オペラ座のかつてのエトワールであるアニエス・ルテステュなどのロパートキナを取り巻く人々の証言を集め、伝説のバレリーナの秘密を紐解いていく。

観客を魅了し続ける気高く麗しき舞台─
その幕が開くまでの〈孤高の白鳥〉に迫る感動のドキュメンタリーが、全世界に先駆けて日本で公開となる。





1973年10月23日ウクライナのケルチ生まれ。

ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミー卒業後の91年、マリインスキー・バレエに入団し、95年にプリンシパルに昇格して以来、第一線で活躍し続ける。

プライベートでは、02年、一人娘マーシャが誕生。身長175cmと背の高いバレリーナとしても有名である。

古典的でドラマチックな役どころに秀でており、長い手足、研ぎ澄まされた見事なライン、そして優れた表現力。ロシアが誇る、完全美を体現するバレリーナである。





★ワガノワ国際バレエコンクール第1位(1991)
★ゴールデン・ソフィト賞(1995)
★ゴールデン・マスク賞(1997)
★ブノワ賞(1997)
★バルティカ賞(1997、2001)
★バレエ功労者賞(イブニング・スタンダード紙/1998)
★ロシア国家功労賞(1999)
★ロシア功労芸術家賞(2000)
★世界ダンス賞(2001)
★トライアンフ賞(2004)
★ロシア人民芸術家賞(2006)


映画で見られる演目の数々

●愛の伝説
●マルグリットとアルマン
●レ・シルフィード
●病めるバラ
●ロシアの踊り
●イン・ザ・ナイト
●ステイン・アライヴ
●カルメン
●ダイヤモンド
●瀕死の白鳥
●ヨハン・シュトラウス・ボール